月別アーカイブ: 2018年6月

オープンまで⑩

看板が完成しました。
土台は先週すでに出来上がっていました。
今日、ようやく文字が入りました。
施工はアンティーク家具の『キヤアンティークス』の宮澤氏(兄)です。

取り付けには私も同行しました。道の反対側から文字のバランスを見て上下左右、傾きなどを、私がチェックしながらの取り付け作業になりました。

店内は壁紙と床のクロスが仕上がりました。
青い壁紙は自分的には、かなり冒険したつもりでしたが、意外とすんなり溶け込んで?主張は控え目です。
看板の文字色は兄が選んだのですが、偶然ウェイティングの椅子もお店のタオルも色が合っています。
直感でブルーの壁紙をチョイスしてみたのも何か因縁?を感じます。
青い木目なんて珍しいし、よい壁紙だと思います。

青や藍色が今後の理容宮澤GLAN-TSのイメージカラーになるのかもしれません。
オープンまであとひといきです。

2018/ 6/24 14:15

2018/ 6/24 14:26

2018/ 6/24 14:28

2018/ 6/24 19:32

2018/ 6/24 19:32

2018/ 6/24 19:32

オープンまで⑧

鏡の下に棚(お客様が椅子に座った際に目の前にある棚)が付きました。
私がこだわった鏡下の出幅30㎝の棚も見事に仕上がりました。
今後、木目をいかした塗料で着色します。
水を使う仕事なので、塗装しないと言うわけにはいきませんが、塗装するのが惜しいくらいの美しさです。

2018/ 6/20 10:53

2018/ 6/20 10:53

2018/ 6/20 10:55

 

オープンまで⑦

兄に任せっきりだった看板の土台?が付きました。
材料の選定から、材料の買い付け、塗装、取り付けまで兄にやってもらいました。
屋号の文字はまだありません。これから張り付けていきます。
文字の塗料の選定、買い出し、屋号の文字の作成まで丸投げです。
打ち合わせをしても、まあ、話が早いです。
リアルな話、看板屋さんの1週間分の仕事を10分で終わらせます。看板屋さんが悪い訳ではないのですが、オープンまで多忙を極めるので仕事が早いのは本当にありがたいです。
大屋さんがサイディングの壁をペンキできれいに塗り直してくれました。
看板は天然木ですが、節の無い木目が良くはえています。
兄に聞くと、なるべく木目の良い所を選んだそうで、そのあたりはさすがにアンティーク家具職人だなと思います。

1529290186515

1529290178879

オープンまで⑥

床の上面がそれらしくなってきました。
壁に棚が付きはじめました。私の想像の3倍の分厚さ、触ってみると凄い安定感です。ほんの少し角をカンナで削って処理してあります。職人目線で良い仕事だな、と思いました。
この棚なら、鋏など高額な器具を安心して置いて仕事が出来ます。私の立ち位置の真後ろに設計してありますので作業効率もあがりそうです。
床から給湯管給水管配水管が立ち上がっています。シャンプーボウルが6月26日に接続されます。

2018/ 6/16 19:33

2018/ 6/16 19:33

2018/ 6/16 19:33

2018/ 6/16 19:34

オープンまで⑤

床が出来あがってきました。
床下の支えや、給湯給水配水管も見えなくなってしまいました。
配水管の傾斜をつけるために、約20㎝床を上げています。
すごい早さで毎日工事が進みます。

2018/ 6/14 19:21

2018/ 6/14 19:23

2018/ 6/14 19:24

オープンまで④

床下の工事がはじまりました。
重量のある理容椅子を支えるための土台が作られます。
私がこだわり抜いた機材、国産ハイエンドモデル導入にあたり必要不可欠な施工です。
当然ながら床が出来上がったら見えなくなってしまいます。
写真はありませんが、シャンプーボウル用の給湯給水配水管も床下に入ります。シャンプーボウル、これもまた絶品です。接続が楽しみです。

2018/ 6/12 18:58

2018/ 6/12 18:58

2018/ 6/12 18:59

2018/ 6/12 19:04

オープンまで③

着工しました。既存の壁を取り壊します。
天井は、クロス屋さんに真っ白いクロスをはってもらう予定です。
壁より天井の方が白くないと汚れて見えてしまうようです。

2018/ 6/ 8 20:21

2018/ 6/ 8 20:21

2018/ 6/ 8 20:21

オープンまで②

お店の名前が
『理容宮澤GLAN-TS』に決まりました。
迷いに迷って数年間、結局ふと思い付きで決まりました。
バイクで帰宅中に中原街道で
『グランツって響きいいなぁ、スペルはどうしようか…』こんな感じでした。
何はともあれ、税務署へ開業届けを出しに行きました。
屋号が決まったら看板を製作しないといけません。
ボール紙に鉛筆で、ラフを作成。
施工業者、kiyaアンティークスの宮澤氏(兄)にほぼ丸投げしました。
兄のスキルに期待

2018/ 6/ 7 7:22

2018/ 6/ 7 7:22