月別アーカイブ: 2018年10月

お客様の髪型

フロントのみパーマをかけて右から左へ流すスタイルです。
こちらのお客様の前髪は、髪質や生え方でいうと、カットのテクだけでは右にも左にも流せる要素はほとんどありません。
さらに生え際は持ち上がってしまいやすい性質なので、ある程度の重さを残しつつ、長さも残しつつ、流すカット+パーマの力を借りて硬めの髪を柔らかく流す。

『前回は持ち上がってしまった。もう少し緩くてもいい。』とおっしゃっていましたので工夫してこの仕上がりです。工夫といってもロッドの配列を少し変えて、巻いた本数は14〜16ミリの3種類、計5本です。いたってシンプルなワインディングです。
我ながらなかなか良い仕事をしたなと思います(笑)

このように流す前髪は、まずカットの大枠で流す髪型を作ってしまわなくてはいけません。
パーマの力やワックスのセット力だけで流そうとすると大体は失敗します。
むやみにパーマありきで髪型をつくったり、スタイリング剤を買いそろえるより、正確にブラントにカットすることができる(髪の毛を真っ直ぐ切りそろえることです。)技術者を探した方が良いです。

私はカットにさほど自信はありませんが、こんつめて切るのでなんとかします(笑)

高校生のお客様ですが、このくらいのパーマでしたら校則のキツイ学校でも指導対象にはならないのではないかな?と思います。頭髪検査もスタイリングで対応できます。
私立の学校はアウトかもしれません。

このくらい重さも残した前髪は若い男子諸君によく似合っていると思います。

今年シースルーバングというワード、巷ではよく耳にしましたが本当に流行ったのかな??疑問です。当店のお客様ではいらっしゃいませんでした。こちらから提案、アプローチしてもそれほど皆さん気にしていらっしゃる様子はなく、流行るとしたら綾瀬市では来年春以降になるのかなと思います。

写真のように均一に左側へ流すのがこちらのお客様のお好みですが、私個人的には下の写真のように少し毛束感を作ってみても良いかと思います。アレンジは自分次第です。

東京の某有名サロン(オ◯シャ◯◯◯。オーシャンズ11ではない。)でパーマをかけた経験のある彼ですが、今回のパーマ、とても良い仕上がりだとお褒めの言葉をいただきました。

ありがとうございます( ̄▽ ̄)
シャンプー+パーマ+カット+シェービング+スタイリングで7000円です。

番外編

仕事以外の内容です。興味の無い方はスルーして下さい( ̄▽ ̄)

月曜火曜の連休でツーリング、と言うか、親戚の御墓参りに行って来ました。

来月で20年目の単車です。10年落ちで購入して20年近く乗っています。
HONDA GL1500seです。頑丈なバイクです。年代的にバブル期のバイクですからメーカーのお金のかけかたも今とはちょっと違うかもしれません。

だいぶくたびれて来ましたが、高速道路での直進安定性は素晴らしいと思います。
水平対向6気筒エンジンです。

詳細は後日。

お客様の髪型

こちらのお客様は6mm刈り上げのサイドのみツーブロです。
社会人のお客様です。
個人的に思うのは、このような清潔感もあり今風でかっこいい髪型が、一部の学校や会社では容認されないのはなぜなのか?という事です。
中学校では禁止されている学校のほうが多いように思います。
『ツーブロ=ヤンキーの髪型』と言うわけでもないのですが、ツーブロはハードに仕上げると俗に言うモヒカンになるので、やり過ぎると確かにちょっと派手目な悪そうな感じがする髪型になります。若い人達に流行っているツーブロとモヒカン頭は違う髪型ですが、人によってはハードな髪型だと思われてしまうかもしれません( ̄▽ ̄)

ザックリドライしてから水性のグリースで仕上げています。
スタイリングもとても簡単です。

こちらのお客様は毎月パーマをかけていらっしゃいます。
シャンプー→カット→ワインディング(パーマを巻いていくことです)→1液16分室温で放置、2液7分2回付け→仕上げにドライカット→ハードとソフトの中間くらいのワックスで仕上げています。両手にのばしたワックスを後ろから揉み込んでいくだけで、1分間で90%以上は仕上がります。時間がない朝でも楽チンです。
ネープを0・8ミリでスッキリ落としているので後頭部のボリュームが簡単に出せます。このくらいの強さのパーマは、スタイリングは簡単ですが、スタイリングをしない時はパーマがかかってるんだかボサボサなだけなのか寝ぐせなのかよくわからない髪型になりがちなのでスタイリングは必須だとおもいます。
シェービング無しで11000円です。