月別アーカイブ: 2018年11月

番外編⑦

250ccクラスではHonda VTR250、このバイクは頑丈です。

バイク便で使用されることの多い車種で、メンテナンス次第では20万kmオーバーも夢ではありません。
私は年間6000km走りますので約30年使えます(笑)
30年使えたら私は72歳です。
このバイクであれば正に一生モノ。使える足として、趣味として、申し分無いであろうと。

実はVTへの乗り換えは数年前真剣に考えました。
しかしながら私の試算によると、車両購入費用がかかる分、乗り換えはトータルでそんなに安くなく、意外とローンの残る数年間は、お小遣いが半分くらいになってしまうというカツカツな生活を強いられるぞ、と言う事が分かりました。
車両購入費用、当たり前ですがこれが1番でかく、1番エコじゃない(笑)

細かくは後日改めて。
続く。

番外編⑥

仕事以外の話です。バイクに興味の無い方はスルーしてください(^_^)

以前、HONDAゴールドウィング1500のランニングコストが安いという文章を書きましたが、

『本当ですか?』

との声が有りましたので、ゴールドウィング1500について少し書きます。

もちろんそれは大型のバイクというカテゴリーの中の話であって、もちろん、250ccクラスのバイクの方が、メンテナンス費が安く済むと思います。
消耗品も小さいバイクの方が安いです。

ただ、すでに大型自動二輪を所有している私が、

『大型はコストがかかるから250ccに乗り換えたら維持費が安く上がる。だから250ccに乗り換えよう。お金無いから。』

というのはナンセンス。
本当に出費が減るかというと、これがそうでもないんだな。
と言うことは言えると思います。

燃費に関しては、中型車以下に完封負けです。燃料費は3倍かかります。
その点に関しましてはその他のメリットと相殺です。

このバイクは1990年式、平成で言うと2年式。バブル時代に設計されたバイクですからなんしろ頑丈です。
寒川町へ引っ越してからの11年間、バイク屋さんに支払った修理代のトータルは17万円です。
現行の125ccクラスや海外生産の250ccが、はたして10年20年通勤に耐え得るだろうか?

使用状況、メンテナンス、それ以前にその個体次第、ではないかと思いますが、世の中の多くの中型バイクが5万キロで寿命かと思います。

正直なところ、耐久性に関しては今の時代のバイクは、、、、ちょっと疑問です。
近年の250ccで朝晩の通勤使いで5万km以上走っているとしたら、
その個体がいわゆる『アタリ』だったと言えるでしょう。
そしてメンテナンス状況がすこぶる良い。
車種はセロー、VTRのどちらかが多いのではないかな、と思います。

続く。

管理理容師⑦

管理理容師⑥続き

誰にでも話しかけられそうな雰囲気の彼ですが、もしかすると、彼は、上がり症や、自分の苦手を克服しようとして日常的にトレーニングしているのでは。
この講習会の休憩時間を、美容師としてスキルアップの為に、赤の他人に話しかけるというトレーニングの場にしている。そして彼は私と同じような感性を持っています。せっかくの同業者と知り合うこの機会をむだにしたくないと。

ただ、彼は行動が伴っていますし積極的で前向きですばらしい。私のように、ただ考えているだけであわよくば、と、特に何も行動しない受け身の人間とは大違いです……(´-`)

なるほど。美容師としてもっと上のステージを目指して努力している人を見て、才能とか天性とか羨ましいとか思っていた自分がアホに思えてきますね。
志が高いと言うか。
彼の高い志が行動を変えているのだと思います。目標が低いことは罪であるとも言いますし、初日の入りから私も
『30人に名刺を渡すぞッ!』
くらいの気持ちで臨めばよかったと後悔しました。
何だこの馴れ馴れしいおっさん、くらいでちょうど良かったのかなと思いました。

3日間で休憩時間は15回。全く知らない同業者の方と15人は話す機会があったんですから、彼がこの休憩時間を修行の場として有効活用したのだとしたら、なかなかいい根性してると思います。きっと店でも良いスタッフなんだろうなと思いますし先輩たちも良い先輩なんだろうなと思います。
全ての出来事を成長するチャンスにつなげようとする前向きな気持ち、私はちょっと忘れていました。

講義が終わると、私は駐輪場の閉鎖時間に追われ、輪ゴムで丸めた証書を片手に講習会場のあるビルを後にしました。
小雨の中、証書を濡らさないためにはどうするかを考えながらはや歩きしていると、最後にその美容師くんの名前くらい聞いておこうと思った事をすっかり忘れていたことに気付きました。
思い出して
まじかッ!、、、、と思った時にはもう石川町駅まで歩いてきてしまっていました。

若いって良いですね。エネルギーを感じますね。いつか若いスタッフを雇用できれば良いのですが( ̄▽ ̄)

私のエネルギーはバイクと子育てに吸い取られ、もういくらも残っていませんが、せっかく管理理容師にもなれたことですし、未来のスタッフ育成と、前出の衛生管理水準の向上を目指して、より安全で快適なサービスに努めてまいりますのでご期待ください。

GLANTSは前向きに頑張っていきます(・∀・)

管理理容師⑥

講習会場で毎回、1人の美容師くんが

『おはようございます』

と挨拶してくれます。
廊下ですれ違う時、トイレでばったり出くわした時、

『こんにちは(^^)お疲れ様です』

私の方がだいぶ年上ですので敬意?を払ってくれているのかは分かりませんが、ちょいちょい話しかけてくれます。

最終日に、はじめて私の方から

『そうやって話しかけてすぐに友達になっちゃうんでしょ。物怖じしない性格なんだねすごいね。そうやって他人と喋ったりできるって。』
と話しかけてみました。すると、

『せっかく同業者と会える機会ですから色んな人と話さないと勿体無いじゃないですか。(笑)』と返ってきました。

何気に彼はかなり赤面しています。

私の見立てでは、
彼は、私とは別ジャンルな人間。きっと天性の人間好き。何事も物怖じしない。緊張とか全然しないタイプの人。であろうと思い込んでいましたが、彼の、超赤面して笑う姿に、一瞬
『やられた!』っと思いました。
『おそれいりました。』といった方が正確かも知れません。
詳細はまた後日。

管理理容師⑤

講習期間中、1人の美容師くんに何度か声をかけられていました。
初日の朝、ホールで挨拶されてから、私に何度も話しかけてきます。
休憩時間廊下に出ると彼は必ず誰かしらと会話をしていて、その都度何か有益な情報を得ているようでした。
礼儀正しくて人当たりも良い、誰にでも気軽に声かけできてしまうタイプの青年。
なかなか興味深い人物です。

彼からすれば私は超歳の離れた先輩?床屋のオッサン?デカイオッサン?

よく俺なんかに話しかけてくるよな〜。話好きなんだな。天性の接客業適性のある人物だな。美容室が職場で楽しいだろうな、美容師が彼の天職なんだろうな。
自分の若い時と比べると、相当先をいっている、そんな感じがしました。

私は24歳くらいまでお客様と話すのが苦手でした。

20歳の頃、50代くらいの人が嫌いでした。
理由はわかりませんが今の70歳くらいの世代の人達、蹴飛ばしたいくらい嫌いでした。
当時ですよくれぐれも(・∀・)
団塊の世代よりちょっと上の世代でしょうか、なんでもよく説教されていましたし当時はまだまだ元気でしたから、20歳の私にも本気で喧嘩売ってくるんですよね(笑)トラブルメーカーと言うか困った人達が多かったように思います。
とてもコチラから話しかけようなどとは思いませんでしたし、必要がない限り話しかけるようなことはしなかったと思います。

この美容師くんは、こんなに人当たりも良く、
『別に話をしなくてもいい俺みたいな人に話し掛けてくる。』
なんて凄いんだ若いのに、積極的で前向きで大したもんだ。
と思いました。

続く。

管理理容師④

20歳近く歳の離れた若者達と一緒に受講生となり3日間の講習を受講してきました。

講習会場には250人程の理美容師がいたのではないかなと思います。
私が受講する席が最前列から2列目だったので、正確な実態は分かりませんがおそらく
理容師30人、美容師200人といったところでしょうか。

理容師は圧倒的マイノリティーでした。美容師さんは競争が激しそうです。

若い理容師さん、美容師さん、皆さん礼儀正しくて良いですね、本当に感心します。

この講習会場で、若い理容師さん達と知り合いになれないかな、という邪心もありました。今後のスタッフ探しにも影響するかも知れませんし、二度と会うことのない同業者の人たちもいらっしゃるかもしれませんから、多少図々しくても良いからこっちから話しかけてみようくらいに思っていたのですが、全く接触できませんでした( ̄▽ ̄)

友達つくる予定だったと言うと言い過ぎですが、知り合いの1人くらい、と思っていました。しかしこの講習会場で私にはそんな余裕はありませんでした。

そんな中、1人の美容師くんと顔見知りになりました。軽く挨拶を交わす程度ですが。
詳細はまた後日。

管理理容師③

管理理容師②の続き。

管理理容師の講習受講のタイミングが今でよかった理由。

①は半分冗談なのですが、良い復習になりました。

②は本音です。

雇われていると、そこにはその店主のルール、職場のルールがあり、スタッフが何か有益な情報を掴んだ時、お店の実務に落とし込めるかは店主の裁量です。
実際に良い変化をもたらすルール改正の提案だとしても、店主の心を動かすだけの情報とプレゼン能力がないと、導入に至らず却下されてしまうと言う事があります。
どんなに小さな取組みでもルールの変更などは先ずはリーダーが率先して、且つ協力的でないと全体の変化は期待できません。まあ、これで会社としては当たり前なんだとおもうんですけど。

今の私は何でも自分で決められます。
なんだって自分で選んで買えますお金があれば(笑)
何でも、自分で即決できるということは、私の様にプレゼン能力の低い直感型人間にはとても良い事ですし、ストレスフリーで嬉しい事です。

今までは『これいいなぁ』で終わっていた事が、『これいいなぁ買ってこよう(・∀・)』
ですから、改革はスピーディーです。サラリーマン時代にはなかった事です。

実際に講習後から、ちょっとした出費と工夫で当店の衛生状態は格段によくなりました。
このように改善をはかる時に誰かの許可無く自分の判断で即決できると言うのが、経営者になった今管理講習を受けて良かったと思う理由です。サラリーマン時代に管理講習を受けていたら、おそらく経営者と衝突していたでしょう。今でよかったです。

GLANTS にはまだまだ改善箇所があります。
衛生管理、結構頑張っていると思っていたのですが、改善の余地が・・・ありますね〜

お客様の快適、安全、満足がえられますよう、これからもどんどん
『衛生管理水準』を上げていこうと考えています。
その辺りの細かいところまで今後、公表していきたいと思いますのでお楽しみに( ̄▽ ̄)

電話が通じなかったお客様へのお詫び。

本日、当店の電話が13時過ぎまで不調だった為、ご迷惑をおかけしました。
申し訳ございませんでした。

13時に来店されたお客様から

『電話がつながらなかったから直接来ちゃったよ。』
と言われて発覚しました。
親機の電源が入っていません。

電話線もコンセントもささってる。何故だ?

『昨日の19時に電話したが、その時もかからなかった。』

と、おっしゃっていました。申し訳ございませんでした。

私は、かなり電気に弱いのでいまだに原因不明ですが、本日中につきとめようと思います。

ひとまず復旧しました。

本日お電話くださって髪の毛をきりそこねてしまったお客様、大変ご迷惑をお掛けしました。
申し訳ありませんでした。

管理理容師②

管理理容師①続き

管理理容師講習の内容のほとんどが、公衆衛生、店舗の衛生管理、消毒法、伝染病学、でした。
専門学校の授業で習ったところばかりなのですが、全て管理者の責務と実務とヒモずけて理解する様に講師が実例を交えながら講義してくれました。

要約すると

『理容業の衛生管理水準を上げていきましょう。そしてその計画、点検管理をこれからはあなたが実施する立場なんですよ。』

という内容なのですが、自分のお店をオープンしてから受講して本当に良かったと思います。
私が若い頃、修行時代でしたら、この講習内容だと

『ついこの間、専門学校で習ったばかりの講義を16000円出して受けるのはバカバカしい。』
と感じたと思います。本当にバカだったので絶対にそう思うハズ。

今で良かったなと思う点は

①講習会内容が全て復習とはいえ新鮮だった事。←忘れ過ぎ。

②店主なので実務に落とし込むことが簡単な事。

この2点です。

長くなりそうです。詳細はまた後日。

筋トレ

この鉄アレイの様なもの、まさに鉄アレイなのですが、バックルームに置いています。
10月なかごろから筋トレを始めました。

この5kgの鉄アレイで暇な時間に筋トレしてます。

筋トレをずっとサボっていたので今は5kgくらいがちょうどいいです。

4年前、清原のような体型を目指して毎日筋トレをしていた頃は体重がマックス83kgあったのですが、
開店準備等でプレッシャーからだんだん食事を取れなくなり、夜眠れなくなると無理矢理維持していた筋肉は、みるみるしぼんで、今は体重72kgしかありません。
自分の美的センスでいうと(笑)、体重78kgくらいの自分がちょうど良い体型だと思うので、ちょっとずつ、怪我しない程度に、これから鍛えていこうと思います。

無骨な鉄アレイですが、ベンジャミンをバックに撮影するとなんだか結構良い感じです(・∀・)

オブジェ、、、、言い過ぎでしょうか。