月別アーカイブ: 2019年1月

GL1500seの整備 エンジンオイル交換⑥

ゴールドウィングのオイル交換をします。

この2種類のエンジンオイルですが、役割が違います。

自分でオイル交換をする時は、このHONDAウルトラG1を使用しています。
まずはこのG1についてですが、なぜこのオイルを毎回使用するかと言うと、いくつか理由があります。

①ホンダ純正品なので品質的に信頼できる。
②だいたいどこのホームセンターでも売っているので入手が楽。
③1リットル税込で1000円以下と安い。
④100%鉱物油

このオイルは原付バイクなど小型車用のオイルで、どこのホームセンターでも必ずと言って良いほど売っているのは、原付ユーザー向けにというのと、芝刈機や耕耘機?などにも使用できるからでしょうか?

芝刈機などは2サイクルエンジンでしょうか?

メーカーも大型バイクのエンジンには推奨していません。

大型バイク用にはG3という100%化学合成の高性能オイルが販売されています。

いつかG3のような良いオイルを使ってみたいと思っていましたが、私のバイクのように旧いバイクのエンジンには化学合成オイルは適さないという事がわかって、使用を控えています。

お金が無いのもありますが、旧いバイクのエンジンのガスケットには鉱物油の方が良いらしいです。

バイク屋さんでオイル交換をお願いする事もありますが、バイク屋さんはそこそこの高性能オイルを使用するお店が多いです。
HONDA G1を使用するのと、バイク屋さんの高性能オイルとでは、オイル交換後のエンジンフィールが明らかに違います。

G1の方が明らかにマイルドなフィーリングになります。

オイル自体のグレードで言うならバイク屋さんの使用するオイルの方が数段上なのですが、こればかりは、乗ってみた乗り味なので、気持ちが良いか、そうでも無いか、私の主観のみです。
自分で手を汚した方が後々の走りが気持ちがいいので、最近はバイク屋さんに任せっぱなしではなく、自分で整備しています。

シフトの入る感触も違います。

ブーン 、、、ガッチャ 、、、 ブーン 、、、ガチャン 、、、ブーン

が、
ズィーンスコンズィーンスコンズィーン

と言った具合に。フィーリングに明らかに違いが出るのです。旧いエンジンほど体感できるのかも知れません。
去年購入したHONDA ステップワゴンは、オイル交換してもしなくても、オイルの銘柄を変えても何も変わりません。

続く。

ここからが長いんでしょうか・・・・(・∀・)

なかなか焦らされております。

1週間くらい前には、明日咲くんじゃないかと思っていたくらいなのですが、だんだんでっかくなってきただけで、咲きません。

しゃーない。。。。
様子見です。

去年の7月に頂いた時は同時に全ての花が咲いているような感じでしたが、今年はタイムラグが有りそうですね。それともこれから他のつぼみ達が追いついてきて一気に花が咲くものなのでしょうか?
いや、おそらくそれはないでしょう。
花屋さん(花農家)が上手く仕上げているんでしょう。多分。
去年咲いていた花の大きさから想像してもそろそろだと思うのですが(°_°)

休日出勤。タオルの毛取り。

今日は火曜日ですが、出掛けついでに、タオルの髪の毛を取りにお店に寄りました。

タオルの毛を取る?読んで字のごとく、タオルについてしまった髪の毛を取るだけの作業です。
おかげさまで土日がお客様でいっぱいになり、タオルが無くなってしまいました。

日曜の夜に残業すればよかったのですが、22時ごろから人と会う約束があったので何も出来ませんでした。

「水曜の朝やろう。1時間早く出勤すれば良い。」

しかし今朝(火曜日の朝)になりやっぱりそれはかったるい、、、となりました。

明日水曜日の朝、普段の通勤より1時間早くお店に行かなくてはいけない。

それは嫌だ。

子供が学校から帰って来る前にちょこっとだけ休日出勤です。

嫁にも半分手伝ってもらいなんとか明日の分は出来ました。細かい髪の毛を1本1本取るのはなかなか肩の凝る作業ですが、髪の毛が残ったタオルをお客様のお顔の清拭に使用するのがどうしても(潔癖の)私には許せません。
本当に気持ち悪いです。想像しただけで、うわぁ〜、、、!!!ってなります。

でも、この徹底力が業績アップにもつながると信じています(・∀・)

GLANTS の駐車場

お車でご来店のお客様、当店では駐車場を2台分用意しています。
必ずどちらかの1台は駐車場が空いているように、お客様が入れ替わるタイミングも見込んで御予約の時間を調整しています。

来店時、GLANTS の駐車場が2台分ふさがっている時があります。そのような時は御面倒ですが私にひと声おかけください。

当店の駐車場がお客様以外の方による駐車により満車で、肝心の当店のお客様の中にはそのまま一度帰宅される方が多いです。
御面倒ですが私にひと声おかけください。
管理がしきれずにご迷惑をおかけしております。申し訳ございません。

GL1500seの整備 エンジンオイル交換⑤

ゴールドウィングのオイル交換をします。
前置きが長すぎますし、なぜ床屋がオイル交換をしているのか。
なかなか本題に入りませんが、今日こそはオイル交換出来るでしょうか。

私は文章を書くことは苦手ではありません。対面して話したり、電話で話をするよりは文章にする方が誤解も少なくすみそうですし、私的には楽です。
ただ、話を要約させるのが下手くそなのです。

ブログを始めた当初、づらづらと長ったらしい文章を半分くらいに編集する作業に結構時間を取られてしまいましたので、最近では

『細かく書き留めた文章を1つづつ順番に紹介していこう。本題から大きくズレていなければ良い。』

という方式をとっています。
その為、このようになかなか本題に入っていかなかったりしてしまいます。

このままオイル交換を行わなかった、と言うオチはありません。ちゃんとやりました。
ご了承ください( ̄▽ ̄)

ゴールドウィングの右サイドのサイドカバー、エンジンカバー、を外した状態です。

工具は不要です。手でパチパチカウルを外して、はめるときも手で押し込むだけです。
冬場はカウルが割れそうで脱着には気を使います。

尺玉号のカウルの爪は数カ所プラリペアとかたとりくんで補修しています。

下側の手で回せるタイプの黒いフタがオイルを入れるところです。給油口?給油口ですとガソリンですし、なんと言うかは分かりませんがオイルを入れる口?です。

その右上にはオイルゲージがささっています。自宅カースペースは車両の左側へ下って傾斜しているのであまり意味をなしませんがオイルの汚れ具合くらいでしたらチェック出来ます。
そして今回使用するオイルですが

この2種類です。ゴールドウィングのエンジンオイル量は4リットルあれば十分足りますが今回私は7リットルエンジンオイルを購入しています。

続く。

おかげさまで②

おかげさまで17時からもご予約いただきました。満員になります。

20時以降になりますが夜間受付を行なっておりますので、ぜひご利用ください。
よろしくお願いいたします。

おかげさまで

おかげさまでなんだか最近忙しいです。ありがとうございます。
17時から1件空きがございます。
年末からの忙しさがいったん途切れて1月と2月はどうなるかなと心配しておりましたが、今週から暮れのお客様の再来店がぼちぼち、11月から続いている新規の方のご来店も好調を維持し続けています。
ブログを更新しているのが良いのかもと思いきや、まだまだ読んでくれている方は少ないようです(・∀・)
新型スタンプカードの裏にはホームページに飛べるQRコードもありますので
よろしくお願いいたします。
新型スタンプカードは昨年の9月くらいに導入しています。
初期のカードをお持ちの方にも交換をすすめています。

GL1500seの整備 エンジンオイル交換④

尺玉号のオイルを交換するのため、センタースタンドをかけます。

このバイクの設計が良いのかも知れません、実は結構簡単です(・∀・)
恐れることはありません。

センタースタンドのペダルに体重を預けるだけですんなりとセンタースタンド掛けに成功です。

腕力は全く必要ないのですが、以前、シートを外した状態でセンタースタンド掛けをした時は上がりませんでした。

シートの取り付けも兼ねているタンデムグリップを握って、車体を安定させられなかった為です。
車両が前〜後ろまでまっすぐになっている事がセンタースタンド掛けのコツだと思います。

ハンドルを切った状態では余計なパワーが必要なようです。無駄な力で車体の安定が保てなさそうな気がして躊躇しますから苦手意識のある方はよけいにキツイと思います。
必ずハンドルをまっすぐにしてください。なんだか凄く偉そうな言い方になってしまいました。
バイク初心者の方は参考にしてください(・∀・)

あと、サンダルを履いている時も車体が途中まで持ち上がりましたが安定しませんでした。

あとは、地面が平らでコンクリートであれば誰でも100%上がります。

持ち上がった状態です。

このペダルのようなものがサイドスタンド保持の時には真上を向いています。

そのペダルに自分の全体重をかけて3〜5秒、ゆっくりとゴールドウィングが持ち上がっていきます。
グググ〜〜〜〜ガチャン、、、、と言った具合です。

センタースタンドをおろす時が怖いかも知れませんが、私はまたがって反動をつけておろします。

余談ですがVMAX1200のセンタースタンド掛けには苦労しました。
あれはなかなか上がりません。
いつも3回くらい失敗して、なんだかみっともないので誰も見ていないか周囲を確認して、4回目か5回目のチャレンジでようやく掛かるといった具合でした。
ローダウンしていたわけでもないのですが、辛かったです。整備や洗車がおっくうになるバイクでした。(私の主観です。)

ゴールドウィングのセンタースタンドの設計が良いのかもと言うのは、ゴールドウィングよりも120kg軽いVMAXのセンタースタンドが結構難しく、若い頃に往生したからです。

続く。