月別アーカイブ: 2018年12月

衛生管理水準の向上を目指して⑦

クシの消毒をします。

市販のものを購入して1回しか使っていませんでした。
こちらの消毒液、逆性石鹸液10%?です。

ハサミやクシなどを洗浄後、0・1〜0・2%溶液に10分間以上漬けます。

なんだか小数点とか%とか何倍に薄めるとか、こういう計算は苦手ですが、この消毒液は実は濃すぎても効力が損なわれるとのことです。

ちゃんと計算しなければいけません......(・∀・)

元が10%だから10倍で1%、、、、、
100倍で0・1%、、、

0・2%を作るとすると50倍、、、 1リットル作るには、、、、。

最終的な量は、、、、2リットルくらい必要かな、、、、。

だんだんと計算が合わなくなっていく感じ、以前、濃度の計算式を携帯のカメラで撮っていたことを思い出し、携帯の写真ホルダを探しましたがみつからず、
ちゃんと計算するしかないかなと思っていると、この容器のラベルに親切な早見表がありました。

この逆性石鹸液5mlに対して水1000ml

これで200倍液 ( 0・05%)の出来上がり(だそうです。)

なんだか本当によく分からなくなりそうなので、この表示に従います。

逆性石鹸液の量を10mlにすれば0・1%溶液が出来るはず。

では実際に作ってみます。

続く。

衛生管理水準の向上を目指して⑥

GLAN-TSの衛生管理を徹底的に見直すシリーズ第6回。

クシの消毒ですが、水道水で洗浄後、アルコール綿で拭くという方法を取っていました。

しかし1つづつ消毒用アルコールで拭くのが面倒になってきて(笑)別の方法に切り替えました。

消毒用アルコールはカミソリとハサミの消毒用に使用しています。
あと、今まではシェービング用の泡立てるブラシの消毒を、この消毒用アルコールで行なっていましたが、ブラシの劣化が進むようなのでこれからはクシと同じ消毒方法に切り替えます。

これは消毒液を入れて器具をその中にジャボンと浸けて消毒する用の消毒用バットです。

この消毒用バット、4000円以上しました。

ホーロー製で、なんともレトロなデザインが気に入っています( ̄▽ ̄)
GLAN-TS開店にあたり準備しましたが、全ての消毒をアルコールに頼っていたので棚の上の方でずっと眠っていました。
今回やっとこいつの出番です。

逆性石鹸液?を作って消毒します。

続く。

衛生管理水準の向上をめざして⑤

Glants の衛生管理水準の向上を目指して。

新しいクシを購入したり、樹脂製のバットを購入したり、私が今、何をしようとしているかというと、

要は、全ての器具や道具を『1人のお客様専用』に出来ないだろうか?

という発想を実現する為、その準備、取り組みです。

1人のお客様専用のハサミは用意できないので、ハサミはその都度消毒。

クシは大した出費ではないので『交代要員』を購入。
器具を置くバットは100円で買えますし、そろえます。

このような感じに、床屋さん業界では器具皿とか呼びますが、この器具皿を約1日分の仕事量、
9セット用意しました。

本当は15セットほど準備したかったのですが、前出の理由により9セットです。

私の作業台?ですね。

作業用のワゴンの上にこのように配置します。

100均のバットがジャストサイズなので(笑)
これ以外のものは使用したくありません(・∀・)

アルコール消毒をしたハサミやバリカンと一緒に、使用し終わったら次のお客様をお通しする前に、器具皿ごと全部交換します。

使い終わったクシと器具皿は纏めておき、営業終了後に洗ってアルコール消毒し、次の日の営業開始に備えておきます。

ひと手間ですが、衛生管理水準のレベルがかなり上がったのではないかな、と思います。

これからも衛生的で安全で、お客様が安心して利用できる、そんなGlantsを目指します。

まだ改善箇所が残っていますので頑張ります(・∀・)

衛生管理水準の向上をめざして④

消毒用アルコールを含ませたコットン、使用するのはハサミです。

ハサミは拭いて油をさすものだと思っていましたが、管理理容師講習会では
ハサミも『血液の付着する可能性のある器具』なので、お客様1人につき消毒するべきだと。

なるほど。

私は今までそのような観点を持っていませんでしたが、自分自身が消費者になるなら
このような衛生管理は徹底的にやって欲しいです。

ハサミまで消毒していたら作業効率が下がりそう、コストも余計にかかる、と思われるかも知れませんが、これは必要なコストですし作業効率の低下云々で安全性を無視してはいけません。

ひとまず理屈に賛同した私はハサミの消毒を始めました。

消毒自体はハサミ4丁前後ですから2分くらいです。

その間、お客様がウェイティングでお待ちになる事もありますが、
『まだですか?』などと、あおられた事は今のところ1回もありません。

そして、思わぬラッキーがありました。
アルコール消毒を始めてからハサミの切れ味は間違いなく向上しています。
余分な成分を払拭しハサミの金属本来のパワーが発揮されている感があります。

触点(ハサミのネジのところ)には時々注油しつつアルコール消毒をするスタイル、もっと良い方法が見つかるまでしばらくは続けて行こうと思います。

続く。

衛生管理水準の向上をめざして③

Glantsの衛生管理水準の向上を目指して。

これも100均で購入してきました。バシッと蓋の閉まる瓶。
オープン時に購入しました。
消毒用アルコールを染み込ませたコットンが入っています。

エタノールと書いてありますが、消毒用アルコールです。

同一と言って良いと思いますが、
『アルコール100%』 と、 『消毒用アルコール』 はどうやら別物らしいので、念のため。

アルコールとエタノール、違うのでしょうか?分かりません(笑)

Glantsオープン前の、保健所の職員立会いによる完了検査の時に、必要だったので準備しました。
理容店ではカミソリを使用しますので、そのような
『血液の付着する可能性のある器具の消毒』
に使います。

Glantsでは、カミソリは水道水で洗浄後にアルコールの中にドボンと漬ける方式を採っていたので、カミソリの消毒にこのようなアルコールコットンは使用しておりませんでした。

今後もカミソリの消毒には消毒用アルコールドボン方式を続けていきます。

では、この消毒用アルコールを含ませたコットンをどの様な場面で使用するのでしょうか。

続く。

日除け

最近、冬になってから西陽がすごいのでカーテンをつけました。
カーテンといっても布を天井近くから画びょうで吊り下げているだけですが。

今年の暑かった夏はエアコンの増設で乗り切りました。季節が変わって陽射しの角度が変わってきたら、陽当たりが良すぎるくらいとても良いです( ̄▽ ̄)

3時ごろから30分くらい、猛烈に眩しい時間帯があります。

公園の奥の自転車置き場の屋根が反射して、さらに眩しい。
これは日除けが必要だなと思い設置しました。

ロールカーテンは天井の強度的に無理でした。

3時頃に来店されるお客様がまぶしそうなので、天気の良い日は1時間ほど入り口のカーテンも下ろしています。
お店の入り口を塞いでいるようになってしまいますが、シャッターが上がっていて、看板のクルクルが回っていれば昼間は営業中です(・∀・)
よろしくお願いいたします。

エステシェービング

エステシェービング、オープン当時からメニューにありました。

今月からアプローチ始めましたエステシェービング。好評です(・∀・)

なぜ今月からアプローチし始めたかと言うと、マイクロミストを20分ほど噴射しますので
夏場はお客様が暑そうで、どうも気が引けていたと言うのと、
こちらから商品をあまり推し過ぎないように、かなり慎重になっていましたので、そういう意味でのお客様の反応の見極めに5ヶ月くらいかかってしまったという、まあ、まだこの商品にそこまでの可能性を感じていませんでしたし、自分自身も技術者としてそこまでの自信も無かった、そんな理由です。

マッサージ的なものが苦手な方

シェービング自体が元々苦手だと言う方

学生さん

にはオススメしていません。
もし興味があるようでしたら質問等お待ちしております(^_^)

元々シェービングが好きな方、すでに角質落としなどのオプションをオーダーして頂いているお客様、にはこちらからアプローチしています。是非1度お試し下さい。

+1300円の入門コースから+3500円のコースまで1100円きざみで3コースご用意しておりましたが、今回もう1つ上のコースもご用意できました。

①1300 10分間
角質落とし
SV
蒸し
マッサージクリームで
クイックなマッサージ
吸引
蒸し
パック マイクロミストで3分間
耳セン潔(耳掃除のようなものプラス300円)
緩和ジェルで軽めのマッサージ
終了

↑↑↑↑↑
4名様にオススメさせていただきました。皆さま次回もやりたいとおっしゃっていただいております。

②2400 15分間
角質落とし
SV
蒸し
マッサージクリームでクイックなマッサージを2ラウンド
吸引
蒸し
パック3分おき マイクロミスト使用
耳セン潔
緩和ジェルでマッサージ
椅子を起こして耳マッサージ

終了

③3500 20分間

角質落とし
SV
蒸し
マッサージクリームで2種類のマッサージ
マッサージを2ラウンド
念入りに吸引&吸引。苦手な方は左手を上げてください(笑)
蒸し
パック5分おき
耳セン潔。希望であれば耳掃除も。
緩和ジェルでマッサージ
起こして耳マッサージ

終了

↑↑↑↑↑
こちらは1名様すでにリピートして頂いております。ありがとうございます。

そしてこちらが③を全体的にレベルを上げた新コース。

④4600円 30分間 初めての方は①からお試しになると良いかと思います(・∀・)

角質落とし
SV
蒸し
マッサージクリームで2種類のマッサージ
マッサージを2ラウンド
念入りに吸引&吸引。苦手な方は左手を上げてください(笑)
蒸し
パック10分おき
耳セン潔。希望であれば耳掃除も。
緩和ジェルでマッサージ
起こして耳マッサージ

終了

※金額は、シェービング料金にプラスされます。

シャンプー カット シェービング 4500円 +エステシェービング1300円 トータル5800円

※当店をシェービングのみでのご利用されるお客様
シェービングのみ 2400円 +エステシェービング1300円 トータル3700円

※全てのコースにドリンクのサービスが付きます。

現時点で5名様中5名様に満足頂いています。是非1度おためしください。

衛生管理水準の向上をめざして②

道具屋さんから届きました。

髪の毛をカットする時に使用するクシです。

私は同じ形状のクシを20年近く使用しています。
このクシは、色がダッサイな〜と思う事を除き、使いやすさ、使用範囲の広さ、コストパフォーマンス、耐久性、本当に抜群です。
(熱には弱く、アイロンで溶かした事があります。)

このクシを8本用意しました。

今までこの形状のクシは2本持っていました。
2本で20年ほど仕事をしてきました。
もちろんこの他の種類のクシもたくさん所有していますが、どのようなスタイルのカットにも使用できる守備範囲の広いクシです。

現在所有しているうちの1本は17年ほど前、通勤途中にジーンズのポケットから落っことしてしまい、数日後の朝、通勤中に道端でその落としたクシを見つけて回収し、今でも使用しています。

この、落として回収した1番古株のクシは若干の反りがありますが、この反りがカット時に程よいのです。

クシでも調子というものがありまして、ハサミもそうですが、切れれば良いというものではありません。切れ味や形状の他に、使いやすさに似た『調子』という何かがあります。

自分自身のコンディションまでも左右するかも知れません(・∀・)

そんなクシが8本、、、もうこれは一生分と言っても過言ではありませんね( ̄▽ ̄)

このクシ、何故、こんなに大量に必要だったのでしょうか。

詳細は後日。

衛生管理水準の向上をめざして①

白い樹脂製のこのバット?容器?100均で購入してきました。

Glants の衛生管理水準の向上を目指して用意しました。

全く同じものが9個あります。

本当は10〜15個くらい欲しかったのですが、100均に7個しか在庫がなくて、もともとオープン時に購入したのが2個、合わせて9個。

この皿、どのような用途に使われるのでしょうか。

続く。

番外編⑮

今年は商売も始めさせていただきましたし、しばらくは今のゴールドウィングで頑張ることになりそうです。ですが、、、銀行さんがお金を貸してくださるなら、、、(笑)

現実的にローンを組むのは商売始めて数年間無理だから諦めろよ、と諸先輩方から聞いています...(・∀・)

車両を入れ替えるよりはレストアしたい衝動の方が強いので、余裕があればコツコツと直して整備して維持していきたいと思います。

10年以上お世話になっている行きつけのバイク屋さんがあります。
私のゴールドウィングの『主治医』ですね。よくもまあこんなにくたびれたバイクを面倒見てくれるよな、と思う時もありますが、『古いバイクだから無理ッ』とか言わないところが気に入って通っています。そのうち紹介します。

このあいだ、1600kmツーリングがありました。特にぶん回したわけではありませんが、
5ヶ月2000km走っていますので、ひとまず年内にオイル交換と、ブレーキのメンテナンスをしておきたいと思います。