8月。繁忙期の落し穴。

おかげさまで忙しく充実した毎日を送っています。

7月27日土曜日の昼前、GLANTS の洗い場でコップを洗っている最中に指を切り、まあなんとかなるだろうの精神で1週間放置し、堪らず病院へ。8月26日に皮膚科でオペの予定です。

とは言え、オペまでが長すぎたので、もうほとんど治っています。

このままでもいいのではないかと思っています。

ちゃんと治しておいたほうがいい、と皆様から助言をいただきます。

ここ2週間、右手の薬指に無意味にくっついていた爪のカケラをグイグイ削ったり、自力でそこそこ治そうと努力しました(笑)

笑い事ではありませんが、以前に足の巻爪が悪化した時に覚えたテーピングがかなり役に立って、今回の右手の薬指、爪の端っこもテーピングでガッチリ隙間を作り、爪切りや楊枝を使って要らんモノをホジクリホジクリ・・・

そこそこ器用な私、なんだか治って来たぞ(・∀・)

このままでも良さそうだな。。。(←馬鹿)

それでも8月26日はひとまず病院へ行ってドクターと話しをして確認しておきたい事があります。

指に食器のカケラが残っていないか。

術後の経過はどのような見通しか。

放置した場合のメリットデメリット。

これらを確認して今後を見極めたいと思っています。

オペをして早く完治したとしても、もしも1週間安静に、と言われてしまっては。。。

それでもやはりちゃんと治してしまった方が良いのでしょうね。