未分類」カテゴリーアーカイブ

番外編⑬

番外編12の続き。

このTL1000Sというバイクに限ったことではなく、この手のスーパースポーツ系バイクはランニングコストが高いのです。
バイク好きの方なら当然でしょう、と言われそうですが、そんなことも知らない23歳でしたアホすぎます。

ちなみにタイヤは5000kmもちません。
大げさではなく走りによっては3000kmで交換時期を迎えるかもしれません。

リア1本工賃込み、当時、ナップス横浜で35000円くらいしていたような記憶があります。
ダンロップD207gpという銘柄のタイヤを、雑誌の評判を鵜呑みにして買いました。

23歳頃の話です。

若い方には有り得ない話かもしれませんが、当時はまだネット環境がほとんど無い時代でしたから、自分より多分このバイクに関して詳しい(と思われる)人から直接聞く話と、雑誌の特集記事などの紙媒体が、正しいかも知れない、信じて良いかもしれない、有益かも知れない、情報の全てでした。

このD207gp、私の走りではその性能を使い切るようなことは一度もなく、あっという間にすり減って交換です。

ザックリ計算すると
ゴールドウィングは
4年に1回タイヤ交換。22000km〜25000km。前後同時交換で45000円
TLの場合
4年乗ると5〜6回タイヤ交換。計5回としても前後交換で55000円×5。タイヤ代だけでも、冗談ですよね、という金額になります。

TLは悪くありません。とても良いバイクですし今でも未練があります。
甲斐性なしが無計画に買い物をしたから悪いのです。

このTL1000Sというバイク、使用するオイルも高性能ですし、本当に金のかかるバイクでした。

続く。

番外編⑫

以前、SUZUKIのTL1000Sというスポーツバイクに乗っていましたが、この手のバイク、
本当に金がかかります。

さらに上級グレードのフルカウルボディーのTL1000Rというバイクもありましたが、私の乗っていたバイクはSの方です。
ハーフカウルで乾燥重量180kg台、出力125馬力。
その前に乗っていたバイクがYAMAHA VMAX1200でしたから車重が100kgほど軽いです。VMAXも逆輸入車でしたから145馬力ありましたが、取回しの重さと、リアタイヤの銘柄の少なさにウンザリしていました。
TL1000Sに比べてVMAXはフレームもかなり弱かったと思います。

私は、軽くてそこそこの馬力があってアルミフレームでタイヤにこだわって楽しめそうなバイクに乗りたいと思い、TL1000Sを購入したのでした。

しかし購入後、思わぬ事態が起きました。
バカが後先考えず欲しい物を購入したが行き詰まりました。
貧乏人には辛いバイク、想像以上に維持費がかかるバイクだったのです。

続く。

番外編⑪

自力で整備してみたり、故障箇所を直せたりすると愛着もわきますからね、大事にすると思います。バイク乗りとして思うのは、乗り馴れたバイクは安全です。

あとは中型車には無い車検代ですが、車検代は2年おきに2万円くらいかかります。
この車検代も、そんなに身構えるほどの出費では無いので私はカウントしません(笑)

車検の場合は出費どうこうより手間です。
技術的にも知識的にも特別なことは必要ありません。
車検場を予約して検査自体は10分くらいですみます。

車検で金掛かるから250に乗るんだ、と言う方は
是非いち度、ユーザー車検をお試しください(・∀・)

番外編⑩

私がVTR250を購入出来るのか、、、なんか無理っぽい。

私のお小遣いですと5年60回払い、つまり毎月1万円以上ローン返済するわけですが、先出の通りゴールドウィングを維持するには毎月2000円もかかりません。
大好きなバイクを手放して、まあ、VTRも好きですけど、乗り換える事による金銭的メリットはほとんどありません。

たったこれだけの理由ですが、ゴールドウィングをコツコツと直しながら長く付き合った方がコスト的には断然安いです。燃費以外はエコですし。

燃料代を含めれば中型車の方が維持費は安いです。そして、すでに私は車両を所有していますので、これから大型自動二輪を購入すると言うわけでは無いということと、それならこのまま維持し続けてしまった方が安い。
ということをご理解ください(・∀・)

車両購入費用がでかいと言う事ですね。当たり前です。

もしゴールドウィングに『決定打(笑)』が出た場合は?と言われるかもしれませんが、
転倒の可能性はどんなバイクにもありますから。
その可能性は考えないでおこうと思います(・∀・)

番外編⑨

私の好きな中型バイク、HONDA VTR250の生産終了と、車両価格の上昇について。

ヨーロッパの排ガス規制は厳しくなる一方ですし、日本車も、ユーロ5など規制をクリアするために色々な装備品や、ちゃんと調べないとよく分からないような機能が追加され、その膨らんだコストを、バイクブームの時代から比べると相当少なくなっているユーザーに割り振っているために、車両価格が高騰してしまっているのだ、と思います。(多分。)

250ccのバイクは主に日本国内で販売していて、その250ccの縛りは日本でしかなく、ヨーロッパでは最高出力50馬力くらいでミドルと大型の境目があったような。
ですから日本のように、車検が無い250ccに乗ろう、という発想はヨーロッパのバイク乗りには無く、ヨーロッパのバイク乗りの皆さんには、日本車の600、650、800cc辺りのバイクに人気が集中するのです。

ですから小さい排気量の、500cc以下くらいのバイクの需要がヨーロッパ市場においてあまり無く、つまり、日本国内のみの少ないユーザーで、250ccクラスのバイクはコストを負担しなくてはいけません。

そうしますと上質な250ccのバイクほどコストもかかっていますので、売れなくなった分価格もあがってしまいます。
60万円ではとどまらず、70万円くらいになってしまうかも知れません。
それでは余程のファン層にしか売れません。すると更なる価格高騰につながります。という悪循環に陥ってしまい、生産終了、お疲れ様でしたとなってしまうのでしょう。

私がVTRを購入する可能性はあるのでしょうか。
ざっくり試算してみます。

続く。

番外編⑧

番外編⑦の続きです。バイクの話です。

HONDA VTR250のエンジンは、カブ、CB、GLに並び
HONDA4サイクル自動二輪史上最高傑作の1つです。(私の主観です。)

この250cc DOHC V型2気筒エンジン、今の時代ではおそらく生まれなかったでしょう。

バイクがブームだった時代の潤沢な研究開発費。
優秀なスタッフ達、HONDAというメーカーの気概。その時代のありったけを注ぎ込んで設計開発し作り上げたのではないか、と思えるエンジン、名機と呼ぶに相応しいVツインです。

そのVtwinエンジンをHONDAは30年以上、改良を重ねながら販売し続けていましたがついに生産終了したようです。作り続けて欲しかったバイクです。

そんなVTR250の新車乗り出し価格が60万オーバー。

私が高校生の頃、CB400スーパーフォアが乗り出し価格60万円でした。(確か。)
そもそも原油価格が上がっていますし、車両価格に反映されてきても仕方ないとは思うのですが。

車両価格の上昇にはその他にも事情があります。

続きは後日。

明日、12月3日は営業致します。

昨日は急用の為、18時で営業終了させていただきました。
ご迷惑をおかけしたお客様もいらっしゃるかも知れません。
すみませんでした。

本日の予約状況ですが、18時20分頃よりまだ1件だけ空きがございます。
19時までにご来店されたお客様は、遅い時間でも宜しければ順番でお通しいたします。

12月3日の月曜日は、第1月曜日ですので朝9時から営業いたします。
月曜日は、毎月第1月曜日のみ営業しています。
しかし毎回びっくりするくらいヒマです。
来年からは月曜日は定休日にしてしまおうかと考えています。
12月3日(月)もまだ予約が全然入っていません(笑)
よろしくお願い致します。

嬉しいことに、年末の12月28日頃から、徐々に予約が入り始めています。
GLANTS は1日10人で満員ですから、年末は早めのご予約が確実です。
早割等は有りませんがよろしくお願い致します( ´ ▽ ` )

番外編⑦

250ccクラスではHonda VTR250、このバイクは頑丈です。

バイク便で使用されることの多い車種で、メンテナンス次第では20万kmオーバーも夢ではありません。
私は年間6000km走りますので約30年使えます(笑)
30年使えたら私は72歳です。
このバイクであれば正に一生モノ。使える足として、趣味として、申し分無いであろうと。

実はVTへの乗り換えは数年前真剣に考えました。
しかしながら私の試算によると、車両購入費用がかかる分、乗り換えはトータルでそんなに安くなく、意外とローンの残る数年間は、お小遣いが半分くらいになってしまうというカツカツな生活を強いられるぞ、と言う事が分かりました。
車両購入費用、当たり前ですがこれが1番でかく、1番エコじゃない(笑)

細かくは後日改めて。
続く。